CORPORATE INFO.

社     名

堀江染工株式会社

創     業

1952 ( 昭和27 ) 年 6月

所  在  地

〒711-0911

倉敷市児島小川8丁目2番地37号

​資  本  金

3,500千円

​役     員

代表取締役社長 篠原 功一

取締役     岡本 三昭

​従 業 員 数

15名

​営 業 品 目

合繊織物加工 綿カジュアル素材加工

100〜150千m

​生  産  高

​設     備

連続染色加工機一連

Scroll Down

HISTORY

1950s

1952年  6月

1957年  1月

堀江染色協同組合設立

堀江染工株式会社設立。

1960s

1963年  6月

社屋(工場) 約2,000㎡を増築。設備の近代化に着手。

1970s

1970年  9月

1970年10月

本社社屋完成。

約3億円を投じ、第3次設備拡張計画に着手。

第3次設備拡張計画完了、月産能力130万㎡となる。

約1万㎡の工場用地を造成。

液流染色機(サーキュラー)導入。長繊維加工に取り組む。

1971年  4月

1974年  8月

1977年  4月

1980s

1984年  6月

ボイラー燃焼装置の転換(オイルコークス+C重油)による省エネ設備化に取り組む。

1990s

1992年  3月

1996年  5月

1996年  8月

1999年  2月

1999年  8月

液流染色機の増設。

スチーマー・防縮機の新設。

事業展開計画承認 Lボックス・検反システムの合理化。

省エネ型Lボックスの導入。

省エネ型シルケット機の導入。

2000s

2000年  7月

2002年  1月

2006年  5月

省エネ型染色機(5号機)の新設

HTスチーマー(省エネ・省資源型)の新設。

ボイラー燃焼装置に転換(LPG)し、環境に配慮した設備を導入。

2010s

2013年  8月

既存の20tボイラーを止め、省エネ型貫流ボイラーを設置。​同時に、スクリュー式小型発電機および蒸気駆動エアコンプレッサーによる蒸気減圧エネルギーを利用した省エネルギー事業に取り組む。

The Present Time

© 2020 HORIE SENKO CO., LTD.

All Rights Reserved.